2007年12月30日

リアプロジェクションの終焉。ソニーも撤退

12月はじめに撤退したEPSONに続き、ソニーも撤退。
110インチを商品化したビクターくらいになってしまっています。

残念ながら、この規格は薄さという点でメリットがないので、「終焉」でしょうね。110インチを収納できるような大きな家庭はないですし。

世間では、日立やシャープが薄型の液晶を、松下が薄型のプラズマを発表しました。
サムスンは、来年のCES 2008で、31インチの有機EL技術を発表予定。
TVに関しては、一つの規格におさまってしまうと、面白くないので、個人的には有機ELに頑張ってほしい

(ITMediaより)
ソニー、リアプロテレビ撤退へ

ソニーは12月27日、リアプロジェクションテレビの製造を中止することを明らかにした。同社はこれで、かつてはフラットテレビ市場で液晶やプラズマの有望なライバルと目されていた技術から撤退した最新の企業となる。

 ソニーは、フラットテレビ市場向けでは液晶および有機EL技術にリソースを集中するとしている。この市場は、消費者が箱型のブラウン管テレビをスタイリッシュなフラットテレビに買い換えるに伴い、急速に成長している。

 同社は日本と国外の工場3カ所でリアプロジェクションテレビの製造を停止する予定だと、広報担当のシンジ・オバナ氏は語った。

 セイコーエプソンは今月初めに、リアプロジェクションテレビの製造、販売を停止すると発表している。日立も先に、北米リアプロジェクションテレビ市場から撤退した。

 リアプロジェクションテレビへの需要は、かつては大型フラットテレビ市場で優勢だったが、近年、家電メーカーが従来よりも大型で安価な液晶テレビやプラズマテレビを提供するようになってからは先細りしてきた。

 ソニーは10月に、今年度(2008年3月末締め)のリアプロジェクションテレビ販売目標を43%削減し、40万台としていた。


posted by カミガタ at 10:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 薄型・大画面TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

低価格化で液晶への集約が進む。ソニーがリアプロジェクションTVから撤退
Excerpt: 液晶テレビの低価格化が進んだ一年。 スケールメリットの関係で、液晶を中心に集約されている感じの薄型テレビ。 日立やシャープが薄型の液晶を、松下が薄型のプラズマを発表しました。 サムスンは、来年のCES..
Weblog: 買物ステーションBlog
Tracked: 2007-12-30 10:57

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。