2015年10月15日

デジカメと古地図アプリを持ってサイクリング。東京の歴史や由縁を知る記事で感じたこと

サイクリングして、古地図アプリを持ちながら、東京の歴史スポット巡る記事を見ました。

古地図アプリ「東京時層地図」を使用。
デジカメは、撮影時、自動スマホ転送機能付のカシオのZR-3000

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/special/20151015_725413.html
※個人的に欲しいデジカメです(てへ

<この記事で気になった点>
古地図と場所の由縁の結びつきが、地図を見ただけではわかりにくく、少しマニア向けに見えました。

その場所のいわれを知ってる人(例:この記事の筆者。江戸の歴史本出されてるし、文章でもうまく誘導できている)なら分かるのでしょうが、説明がないと目線から、地図が通りすぎてしまうだろうな、と。

※唯一、読者が地図だけで「あれ?」と気づきがありそうなのが、淀橋浄水場が戦時改描を受けている場面で、地図が歴史を飛び越えて訴えかけてくる情報の力ですね。
posted by カミガタ at 23:20 | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。