2013年04月16日

4K対応液晶テレビ:ソニーブラビア「X9200A」1インチ1万円を切ったモデルも

ギズモード・ジャパン、4Kブラビアの凄さを興奮気味に説明されています。
4Kブラビア、55インチは50万円前後と普及のポイントといえる1インチ1万を切りました。
もっと小型でお求めやすい4Kテレビも出てくると、もっといいですね。
先に発表した東芝に続いてソニーも4Kテレビに打ち込む、さらに前回紹介した4K対応フォーマット「XAVC S」もあり、今後の展開が楽しみですね。

フルHDテレビもソニーのブラビア



4Kめっちゃ綺麗...ソニーが4K対応の液晶テレビ・新ブラビア「X9200A」シリーズを発表
綺麗だよ...綺麗だよ!

来ました。ソニーが都内で発表会を開き、フルHDの4倍の画素数を持つ4K液晶テレビ、新型ブラビア「X9200A」シリーズを発表しました。

この4Kブラビアが搭載する液晶パネルの画素数を具体的な数字でいうと3840×2160ピクセル。画素数の多さで思いつく15インチのMacBook Pro Retinaディスプレイモデルの画素数が2880×1800ピクセルなので、それよりも画素数が多いということになります。

液晶テレビとノート型のMacで物が全然違うので比較にはなりませんが、(AppleのMachintoshの)Retinaディスプレイモデルよりも画素数が多いだと考えれば、その繊細さを想像するのに役立ててもらえると思います。

■2Kと全然違う...4K超綺麗...
発表会に出席したあと、実際に4Kブラビアを間近で見ることができました。これが65インチの「KD-65X9200A」。ネイティブな4K解像度の映像です。ほんと、めっちゃくちゃ綺麗。

2K(フルHD)と4Kを並べるとはっきりくっきり違いがわかります。4K超綺麗...。

「4Kって言っても4Kの映像ソースが全然ないじゃん。」

はい。でも大丈夫。4Kブラビアに搭載された「4K X Reality PRO」という高画質回路が、フルHDなどの解像度の映像も4K解像度にアップスケーリング、さらに超解像処理を行って綺麗な4K映像に変換してくれます。

またソニーでは、ソニーピクチャーズなどと連携して4K映像の撮影・制作をグループ全体で充実させていくとのこと。TBSで放送中の番組「世界遺産」も放送は2Kですが、映像ソースは4Kらしいですよ。

テレビでの4K放送も来年からはじまりますし、ソースの問題はあまり気にならないかもしれません。

映像の美しさの元はもちろん4K解像度と4K X Reality PROによるところがありますが、もうひとつ注目なのが新開発の「トリルミナスディスプレイ」。

このトリルミナスディスプレイが、従来のLEDに比べて色を表現する色域の範囲が大きく広げ、色彩鮮やかな映像を作り出します。

■音にもこだわり。業界初採用のスピーカーを真正面に搭載
映像が綺麗になれば、音にもこだわりたいところ。4Kブラビアは音にもこだわって独自開発した磁性流体スピーカーをテレビではじめて搭載しました。テレビ本体のボディに埋め込まれるようにどかんどかんと正面向きに配置されています。

やっぱり音は真正面から聞こえてくるのがいちばん。音を聞いてみたのは周りがざわざわした会場内でしたが、いわゆるテレビの内蔵スピーカーのレベルより、明らかに一段階上の音が聞こえました。安いサウンドバーより全然いいのかも。

■タブレットとスマホ連携をじっくり試してみたい
ソニーはいい映像といい音で楽しむことに加えて、テレビを便利に使うことにもフォーカス。

会場では、タブレットやスマホをテレビと連携して使うアプリ「TV SideView」と、NFCを使って簡単にXperiaの画面をテレビ側にミラーリングすることができるワンタッチミラーリングのデモを見ることができました。

■4K欲しい...だけど値段がもう少し...
この4Kブラビア「X9200A」シリーズは6月1日に発売されます。

ブラビアにはこれまでも84インチの4Kモデル「KD-84X9000」がラインナップされていました。ですがそのお値段は168万円。本当に一部のターゲットに向けての製品だと言えます。

しかし、発表会で登壇されたソニーマーケティング株式会社の本多健二さんによると、今日発表された4Kブラビア「X9200A」シリーズの想定小売価格は、65インチの「KD-65X9200A」が75万円前後、55インチの「KD-55X9200A」が50万円前後。後者は1インチ1万円を切っています。

4Kテレビがぐんと僕らに近づいてきました。
(ギズモード・ジャパンより一部編集)


posted by カミガタ at 19:04 | TrackBack(3) | 薄型・大画面TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

ソニーブラビア「KDL-40EX750」発売。4倍速。TVは3年でこれだけ進化した!
Excerpt: >「モーションフロー XR480」を搭載し、(中略)インパルスモードでは、元映像を補完して生成する合計4コマの映像のうち、3コマはLEDを消灯し、1コマだけを表示。輝度は落ちるが、より残像の少ない映像..
Weblog: 家電ニュース・買物ステーション版
Tracked: 2013-04-16 19:08

4KTVにぴったりなビデオ規格「XAVC S」が楽しみ!
Excerpt: 昨今、4K対応のテレビがソニーから発売。1インチ1万円をいきなり切るモデルも出たりして、早くも普及の兆し? を感じますが、楽しめる4Kコンテンツがないのが辛いところでした。 この4Kビデオフォーマット..
Weblog: 家電ニュース・買物ステーション版
Tracked: 2013-04-16 19:11

ソニーから4Kテレビ新型ブラビア登場。少しお求めやすいモデルも
Excerpt: 地デジの駆け込み需要やロンドンオリンピック終了ともに、テレビの売れ行きがガタ減りでした。 高解像度の4Kテレビはカンフル剤になるか。 4Kテレビ放送も下記の「世界遺産」は別ですが、雛壇芸人のバラエティ..
Weblog: 買物ステーションBlog
Tracked: 2013-04-16 19:32

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。