2013年04月16日

4KTVにぴったりなビデオ規格「XAVC S」が楽しみ!

昨今、4K対応のテレビがソニーから発売。1インチ1万円をいきなり切るモデルも出たりして、早くも普及の兆し? を感じますが、楽しめる4Kコンテンツがないのが辛いところでした。
この4Kビデオフォーマットはmp4コンテナファイルフォーマットなので、今までレコーダとPC用に出し分け必要だったフォーマットも統一され、編集がやりやすくなりそうなことが朗報です。ビデオカメラの登場もソニーが正面切ってやっていって欲しいですね

4KTV。東芝からはいち早く発売


ソニー、民生機向け4Kビデオフォーマット「XAVC S」
ソニーは、放送や業務向けに開発した4K解像度のビデオフォーマット「XAVC」を拡張し、コンシューマ機器での扱いやすさを考慮してMP4ファイル形式を採用した「XAVC S」を追加。また、Long GOP方式も追加された。

 XAVCは、2012年に4KやHD映像に対応したビデオフォーマットとして策定。4KやHDファイルのファイル形式はMXFとなっていたが、民生用にMP4ファイル形式でも利用可能とし、「XAVC S」と命名。これによりソニーは、XAVCフォーマットを業務用途からコンシューマ向けまでトータルにカバーできるビデオフォーマットに位置づける。

 XAVC Sの概要は、対応解像度が4K(3,840×2,160ドット)とHD、プロキシ、圧縮方式がMPEG-4 AVC/H.264、ファイル形式がMP4、オーディオがリニアPCM、AAC。

 また、既存の業務用XAVC Intraフレーム方式に加えて、Long GOP方式(4K 4:2:0およびHD 4:2:2)を新たに追加した。

 ソニーでは、XAVCの映像制作環境構築に向けて、編集ソフトメーカーやハードウェアメーカーとの協業を加速。XAVCをオープンな技術フォーマットと定め、4Kコンテンツの普及拡大に向けて、ライセンスプログラムを提供しており、これまでに31社がフォーマットのサポートを表明している。
(AV Watchより)


posted by カミガタ at 16:28 | TrackBack(2) | 薄型・大画面TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

4Kテレビと相性ピッタリ、フォーマット「XAVC S」
Excerpt: このフォーマットのいいところは ・ファイルフォーマットがmp4で統一された。フルHDでは、民生用レコーダがAVC/HDの独自形式(DVDを元にした複数ファイル)、PC用がmp4ファイルフォーマット。P..
Weblog: 買物ステーションBlog
Tracked: 2013-04-16 16:52

4K対応液晶テレビ:ソニーブラビア「X9200A」1インチ1万円を切ったモデルも
Excerpt: ギズモード・ジャパン、4Kブラビアの凄さを興奮気味に説明されています。 4Kブラビア、55インチは50万円前後と普及のポイントといえる1インチ1万を切りました。 もっと小型でお求めやすい4Kテレビも出..
Weblog: 家電ニュース・買物ステーション版
Tracked: 2013-04-16 19:10

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。