2012年07月12日

中国トップシェアのメーカーの50インチ液晶テレビをノジマが発売。値段にもう一声!

中国では液晶テレビトップシェアのメーカー、ハイセンスがノジマを販売元に大画面テレビを発売。

とはいえ、今テレビは暴落中で、シャープがこの前出した60インチの新製品も、市場想定価格17万弱、フリースタイルAQUOSという壁掛けタイプや画質や機能の良い上位機種も20万を切る価格で買えてしまいます。

50インチは大画面ですが、日本では実績がないメーカーということを考えると、パンチ不足が否めません。
HDMI端子の数も少ないし。

ただ2つ評価できるのは、まずベゼルが相当狭額縁ということ。
狭額縁なら今まで46インチ相当のスペースに50インチが置けるわけで、スペース節約と画面が大きい迫力感が楽しめます。
そして50インチなのに消費電力が低いということ。
おそらくPCモニタそのものを流用してる気がします。
電力が気になる昨今、これはありがたいです。

もう1〜2万安かったら面白い、と思えただけにタイミングが惜しい商品です。


ノジマ、50型で99,800円の液晶テレビ。ハイセンス製

ノジマは、ハイセンスジャパン(海信日本)の50型液晶テレビ「LTDN50K310RJP」を7月10日より予約開始、7月21日より順次店頭発売する。価格は99,800円。ノジマ全店とWebサイトにて販売する。

 中国の液晶テレビ市場で9年連続トップシェアのハイセンスによる液晶テレビ。ハイセンスは2011年度に全世界で約1,000万台を販売し、世界シェアは7位。今回のモデルもそのスケールメリットを活かした部材調達力により低価格化したという。

 また、日本メーカーとの共同開発によるチップセットやファームウェアを搭載。日本のユーザーニーズに対応したという。ノジマは'10年3月からハイセンスと直接基本取引契約を締結。他社に先駆けて先行販売を実施することとなった。「お客様に、オリンピックを大画面にて、より低価格でお楽しみいただける」としている。

 解像度は1,920×1,080ドットのフルHDで、コントラストは5,000:1、視野角は上下/左右176度。応答速度は6ms。バックライトはLED。地上/BS/110度CSデジタルチューナも搭載し、地デジはWチューナ、BS/110度CSはシングルチューナ構成。USB HDDも追加することで、裏番組録画にも対応する。

 10W×2chのスピーカーを搭載。入力端子はHDMI×2、D4×1、コンポジット×1、アナログRGB(D-Sub15ピン)×1、アナログ音声×1。出力端子は光デジタル音声×1、ヘッドフォン×1。消費電力は130W(待機時0.3W)、年間消費電力量は137kWh/年。スタンドを含む外形寸法は1,150×285×745mm(幅×奥行き×高さ)、重量は24kg。
(AV Watchより)
posted by カミガタ at 23:43 | TrackBack(1) | 薄型・大画面TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

手もみ感覚を再現したヒーター付きマッサージクッション

今は夏ですが、寒くなってくると重宝しそうですね

マッサージクッション「リラタイム」



ドリテック、手もみ感覚を再現したヒーター付きマッサージクッション

ドリテックは、手もみ感覚が味わえるヒーター付き「マッサージクッション「リラタイム MP-200」を発売する。希望小売価格は8,400円。

 マッサージ機能を搭載したクッション。6つのもみ玉を内蔵し、それぞれにヒーターを搭載しているため、温かい手もみ感覚のマッサージが行なえる点が特徴。もみ玉は左右に3つずつ配置されており、腰、肩、首、足などを均等にもみほぐすという。もみ玉は1分間に約28回転し、1分間毎に正回転と逆回転が切り替わる。

もみ玉は左右に3つずつ内蔵されていて、1分間に約28回転し、1分間毎に正回転と逆回転が切り替わる

 操作はボタン1つで行ない、ヒーターのON/OFFも設定できる。また、マッサージ開始後20分経過すると自動的に電源が切れ、切り忘れを防止する。

 デザインは、インテリアにマッチするというリボン型。場所をとらずにイスやソファの上で使用できるため、ちょっとした時間などに体の疲れを癒せるという。

 本体サイズは430×260×110mm(幅×奥行き×高さ)。本体重量は約1.6kg。消費電力は30W以下。カバーは取り外して洗える。カラーはブラウン、ピンク。

(家電Watchより)
posted by カミガタ at 13:49 | TrackBack(2) | 健康家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

ソニーブラビア「KDL-40EX750」発売。4倍速。TVは3年でこれだけ進化した!

>「モーションフロー XR480」を搭載し、(中略)インパルスモードでは、元映像を補完して生成する合計4コマの映像のうち、3コマはLEDを消灯し、1コマだけを表示。輝度は落ちるが、より残像の少ない映像を楽しめる。
ということは、モーションフローって、残像が多いということか。

それにしても、3年前の同じ40型のブラビアV5と比較して、2倍速から4倍速になってるのに、消費電力も10W以上減ってるし(V5も当時としては凄く省エネだった)、重量も20kg以上あったのが13kg台になっている。ネット経由で見れるコンテンツも増えた。
時代の変化は凄いな。

基本機能は上位モデル譲りなので、お求めやすくなっているけど、機能は期待できますね。

ソニー、“手軽に4倍速”40型BRAVIAのスタンダード機
−実売10万円の「KDL-40EX750」

ソニーは40型テレビのスタンダードモデル「KDL-40EX750」を7月27日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は10万円前後。

 40型のボリュームゾーンを狙ったBRAVIAのスタンダードモデルで、4倍速パネルや高画質エンジン「X-Reality」を搭載する。上位機種のHX750との違いは3Dに非対応としたほか、無線リモコンを省略したことなどで、2Dの画質やネットワーク機能はHX750シリーズ相当となる。

 1,920×1,080ドットのフルHD/4倍速パネルを搭載し、バックライトはエッジ型LED。8倍速相当の残像低減技術「モーションフロー XR480」を搭載し、スムーズ、標準、クリア、クリアプラスのほか、インパルスモードも追加。インパルスモードでは、元映像を補完して生成する合計4コマの映像のうち、3コマはLEDを消灯し、1コマだけを表示。輝度は落ちるが、より残像の少ない映像を楽しめる。

 チューナは、地上/BS/110度CSデジタルダブルチューナを搭載。別売のUSB HDDへのデジタル放送録画機能も備えており、番組視聴中の裏番組録画にも対応する。スピーカー出力は10W×2ch+10Wで、フロントサラウンドの「S-Forceフロントサラウンド3D」にも対応する。

 ネットワーク機能も強化し、Ethernetのほか、別売のWi-Fiアダプタ「UWA-BR100」の追加により、IEEE 802.11a/b/g/nの無線LANに対応。Wi-Fiダイレクトモードもサポートする。DLNA/DTCP-IPクライアント機能の「ソニールームリンク」も利用できる。

 ネット関連機能は「Sony Entertainment Network(SEN)」に集約し、HuluやYouTube、Video Unlimitedなどのネット動画コンテンツのほか、Twitter、Facebook、Skype、ニコニコ実況などのコミュニケーション、ソニーの写真共有サービスPlayMemories Online、ベルーナ、イオンなどのショッピング、Petamapやあすけんなどの情報検索サービスに対応。合計170種類のサービスをラインナップする。Android/iOSアプリの「Media Remote」による、文字入力にも対応する。

 HDMIは4系統装備し、ブラビアリンクに対応。D5入力×1、コンポジット×1、アナログRGB(D-Sub15ピン)×1などを装備する。消費電量力は113W(待機時0.15W)、年間消費電力量は109kWh/年。外形寸法は94.1×23.1×61.2cm(幅×奥行き×高さ)、重量は13.7kg。
(Impress Watchより)
posted by カミガタ at 21:25 | TrackBack(3) | 薄型・大画面TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。