2009年03月25日

シャープ、また新シリーズAQUOS。今度は超省エネタイプのAシリーズ

この前シャープは低価格モデルのESシリーズを出したばかりで、またフルHDの新シリーズが登場。
ラインナップが増えすぎていて、消費者もどのシリーズを買えばいいのか、困惑しかねないのでは。
もっとシャープはラインナップを絞ったほうがいいと思います。

(Mycomジャーナルより)
シャープ、超省エネタイプのフルハイビジョンAQUOS Aシリーズ3機種発表

シャープは23日、液晶テレビ「AQUOS A」シリーズ「LC-52AE6」「LC-46AE6」「LC-40AE6」を発表した。発売は、LC-40AE6のみ4月10日で、他の2モデルは5月 15日。価格はオープンで、市場価格は、LC-52AE6が39万円前後、LC-46AE6が29万円前後、LC-40AE6が20万円前後と予想される。

Aシリーズは、2月に発表されたDシリーズと同様、電源回路の高効率化、光を有効活用するバックライトシステムの開発などといった技術を採用した省電力モデル。ただし、Dシリーズが1366×768 画素のパネルを使用したハイビジョンタイプだったのに対して、今回発表されたAシリーズは、すべて1920×1080のフルハイビジョン、しかも40V型以上の大画面パネルを使用している製品だ。

消費電力は、52V型のLC-52AE6で約185W(年間消費電力量175kWh/年)、46V型のLC-46AE6が150W(年間消費電力量 145kWh/年)、40V型のLC-40AE6が120W(年間消費電力量120kWh/年)となっており、いずれも、同サイズ、同画素数のテレビの中では、最も少ない消費電力で動作することになる。同社の現行モデルと比較した場合でも、52V型では、LC-50RX5が消費電力250W(年間消費電力量255kWh/年)、LC-52GX5が315W(年間消費電力量255kWh/年)となっており、Aシリーズの省電力性能の高さが際だっている。

また、低消費電力モデルではあるが、倍速駆動も搭載。輝度は450cd/m2、コントラスト比も15000:1となっており、GX5シリーズと同レベルだ。搭載しているチューナーは地上 / BS / 110度CSデジタル×1に、地上アナログチューナー×1。入力端子は、3機種とも共通で、HDMI×3 / D×2 / S×1 / ビデオ×3 / Dsub15ピン×1を装備する。オーディオ部分には、同社得意の1ビットデジタルアンプを採用。10W×2の出力で、6.5cm径フルレンジスピーカーを駆動する
posted by カミガタ at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 薄型・大画面TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。