2008年09月09日

42型液晶テレビが9万8000円、黒船ビジオ(VIZIO)が日本上陸

どんどん安くなってきた大画面テレビ。
そこにさらなる値下げを呼ぶ黒船が上陸です。

J-CASTニュースが米国のベンチャー企業でテレビメーカーのビジオ(VIZIO)の日本上陸、42型液晶テレビを9万8000円の破格の値段で販売開始のニュースを取り上げました。

2008年9月3日に札幌市、4日からは神奈川県川崎市などコストコホールセールジャパンの8か店で発売していて、その売れ行きにコストコは「予想以上」と驚いている。ビジオは本拠地の米国でも低価格テレビを売りものに、急激にシェアを伸ばしてきた。日本でもその勢いは衰えていないようだ。


この「ビジオ(VIZIO)」とは何者でしょうか。
・市場調査のディスプレイサーチ調べでは、北米のシェアは2007年第3四半期で10.2%。韓国サムスン電子に次いで第2位。
・安価な42型と47型の液晶テレビを武器に売上げを伸ばす
・2006年の売上げが約7億円、それが07年には約20億円!

 しかし、記事でも書かれている通り、日本ではブランド志向が強く、「安かろう、悪かろう」の印象があると消費者は直ぐに飛びつかない傾向にあります。
しかしいま日本で唯一「ビジオ」の液晶テレビを販売しているコストコホールセールは、「われわれが予想していた以上に、大変売れ行きがいい」と話しているそうです。

ビックカメラの売れ筋ランキングにある42型液晶テレビの最安値は17万4270円(東芝「REGZA 42ZV500」)。ユニデン製は17万9800円、HYUNDAI製は12万円で、さすがに10万円を割り込む製品はない。人気の高いシャープのAQUOSシリーズは20万円台だ。国内メーカーの液晶テレビの価格も下がりはじめたとはいえ、さすがに9万8000円の値段は付けられない。ビジオが他社製品を価格で圧倒している。


ビジオが低価格で提供できる理由はなんでしょうか。
それは徹底した外部調達にあるようです。

日本の大手メーカーのような自前の工場をもたず、物件費や人件費がかからない。企画、設計から開発、製造に至るまでコストを抑え、その分の値下げを可能にしたわけだ。


 ビジオは米国内でもコストコホールセールを通じて販売して火がつき、家電量販店に取り扱いが広がったと書かれています。
日本ではまずコストコで、450台を限定的に「試験販売」。
その後様子を見ながら拡大を検討するそうです。

「(価格は)安いほうに引っ張られますから、メーカーが安値競争にでもなれば動き出すでしょう」と家電量販店はいいます。

シャープやソニーなどの国内家電メーカーにとっては黒船襲来。
「価格破壊」か品質による差別化か。
難しい舵取りが迫られそうです。
posted by カミガタ at 22:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 薄型・大画面TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。