2008年07月07日

高速ライブビュー対応ソニーのデジタル一眼レフカメラ「α300」発売

キヤノン「EOS Kiss F」に対抗機が登場しました。

今回のソニーのデジタル一眼レフカメラ「α300」。
実はすでにアメリカでは発売済みの機種。
今回「EOS Kiss F」の対抗のために日本でも発売したわけです。

ソニーの「α300」「α350」のライブビューは他メーカーと違ってライブビュー専用の撮像素子を搭載していて、ライブビュー使用時も連写が高速(秒2コマ)なのがメリット(他メーカーのものは相当連写速度が落ちる)。さらに背面液晶は撮影スタイルに応じて角度を変えられる可動式。

さらに、「EOS Kiss F」が「EOS Kiss X」や「X2」と比べて、一部の機能(特にAFポイント9点→7点が大きい)が削られたのに対し、見た限り「α300」は「α350」と撮像素子の画素数以外削られたところはなし。
ソニーの良心を感じます。

すでに他社のデジタル一眼レフを持っている人は別ですが、これから新規に買うという人で、ライブビューがついてる機種が欲しいけれども、1400万画素だとノイズが心配、もう少し安い値段でライブビュー対応デジタル一眼レフが欲しいという人にぴったりなのではないでしょうか。

ソニーデジタル一眼レフカメラ「α」シリーズ。レンズキットです。
 

(ITMediaより)
上位機種ゆずりの快適性能で価格は控えめデジ一眼――ソニー「α300」


ソニーは7月7日、デジタル一眼レフカメラ「α300」(DSLR-A300)を7月17日より販売開始すると発表した。標準ズームレンズ「DT 18-70mm F3.5-5.6」が付属するレンズキット(DSLR-A300K)も用意され、いずれも価格はオープン。実売想定価格はボディのみが6万9800円、レンズキットが7万9800円。

 シャッタースピード換算で約2.5〜3.5段分の「ボディ内手ブレ補正機能」、専用イメージセンサーを別途搭載した「クイックAFライブビュー」、可動式の「マルチアングル液晶」とα350で人気の機能を備えながらも低価格化を進めたモデル。α200も併売されるため、αシリーズのエントリー向けモデルはα350/α300/α200の3製品が用意されることになる。

 α350との最大の相違点は撮像素子で、α200と同等のAPS-Cサイズの有効1020万画素CCDを搭載する(α350はAPS-Cサイズ有効1420万画素)。ライブビュー時の視野率は90%。光学ファインダー時の視野率/倍率はα350と同じく、95%/0.74倍。その他のスペックはほぼα350と同一だが、光学ファインダー使用時の連写性能(約3コマ/秒。α350は約2.5コマ/秒)やRAW撮影時の連続撮影可能枚数(6枚。 α350は4枚)などα350を上回る部分もある。画像処理エンジンは「BIONZ」で、最高ISO3200の高感度撮影が行える。 ISO1600/3200設定時には「高感度ノイズリダクション」を任意に適用可能だ。

 本製品が搭載するライブビューはペンタ部に設けられた可動ミラーで光学式ファインダーと専用イメージセンサーへの光路を切り替える方式で、ライブビュー利用時もTTL位相差検出方式のAFを利用できるため、高速な位相差AFの速度を保ちながら、ライブビューを常用することが可能となっている。ライブビューと光学ファインダーの切り替えは本体上部の専用スイッチで切り替えられる。背面液晶のサイズはα350と同じ2.7型で、上方130度/下方40 度に可動する「マルチアングル液晶」。特に上方への可動角度が大きくとられているため、ローアングル撮影時に威力を発揮する。

 AFは中央クロス9エリアのCCDラインセンサーを搭載。ファインダーをのぞき込むだけでAFが起動するアイスタートシステムを備えるほか、被写体の動きを先読みしてピント位置の自動補正を行う導体予測機能も搭載している。撮影したデータを解析して、自動的に明るさや階調を補正する「Dレンジオプティマイザー」も備えている。ローパスフィルターにはアンチダストコーティングが施されているほか、CCDを振動させてホコリやゴミをふるい落とすアンチダスト機能も搭載されている。
posted by カミガタ at 19:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

ロボット工学で適度な揉み心地を。松下の新マッサージ機

今までのマッサージ機だと力加減に問題があると言えました。

強すぎても弱すぎても不快に感じるのがマッサージの力加減。

強すぎると痛いし、弱すぎると「撫でてるだけ!」。

今までのマッサージ機では難しかったところが、このマッサージ機はロボット工学の応用で適度な揉み心地が約束されるのが嬉しいですね。

人間工学ならぬロボット工学を駆使した技術といえます。

松下のマッサージ機「リアルプロ」と、肩こり・首痛に効くお安いバイブ付きストレッチャーマッサージ機、そしてフットストレッチマッサージ機も
  

(Mycomジャーナルより)
松下、座った人の体型に合わせてもみ加減を調整するマッサージチェア


ナショナルウェルネスマーケティング本部は2日、マッサージチェア「リアルプロ」シリーズより、新たに2モデルを発表した。発売は8月1日を予定しており価格はオープン。市場価格はEP-MA50/MA20がそれぞれ約40万円/約30万円と予想される。

両モデル最大の特徴は、座った人の体型を感知し、もみ加減を瞬時に調整する「もみ圧ジャストセンサー」の搭載だ。もみ圧ジャストセンサーは、ロボット工学で用いられている「力制御」技術を応用した新メカニズム。もみ玉が使用者の体から受ける圧力を基に、高速演算処理能力を持つ「PFCエンジン」が、1秒間に25回の動作処理を3つのモーターで駆動する「もみメカ」にフィードバックし、もみ玉の位置・突出量・速度を制御。その結果、体型や座り方、背中のカーブの個人差に関わらず、同じ圧力がかかるようになったというものだ。

さらに、EP-MA50には、新しく「骨盤コース」が搭載された。背もたれ下部と座面に内蔵された4つのエアバッグが大きく膨らむことにより、骨盤周りをマッサージするという。また、直径10mmの範囲を1回転約1秒でもむことでコリをピンポイントでほぐすという「揉捏ほぐしもみ」を搭載。他にも、背もたれ下部、座面、手・腕マッサージ部、脚・足裏マッサージ部各所にエアバッグを備え、全身を気持ちよくほぐすことが可能とのことだ。
posted by カミガタ at 00:26 | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

ダビング10対応アップデートに必要な操作とは?

ダビング10対応には、ファームウェアのアップデートが必要なのは理解できますが、何か不便ですね。

手順としては、地デジの場合(シャープの場合)、
(1)2008年7月3日の 21時以降に、地上デジタル放送を10分ほど視聴(選局)
(2)ダウンロード開始時刻の10分前までにリモコンで電源を「切」に
(3)放送波を使い自動的にダウンロード

※ただしダウンロード時刻の前後1時間に録画予約が設定されている場合は、その回のダウンロードは行われず、次回のダウンロードが自動的に設定

コレを見て思うことは
(1)地デジ放送を10分ほど視聴しなければならないのは不便
(2)手動でのダウンロードもサポートしてよかったのでは(パナソニックは対応しているが)

メーカーのサポートは大変そうだなぁ…。

(ITmediaより)
ダビング10目前「レコーダーのコンセントは抜かないで」 Dpa

電源コンセントは抜かないで――デジタル放送推進協会(Dpa)は、7月4日午前4時に始まる「ダビング10」を前に、ユーザーが使用中の録画機器をダビング10に対応させるための注意をWebサイトに掲載した。

 録画機器をダビング10に対応させるためにはソフトウェアアップデートが必要で、各メーカーが放送波を利用してソフトをダウンロード配布する。アップデートの際、特別な操作は不要だが、録画機器の電源コンセントは抜かずに、リモコンで電源をオフにすることが必要と呼びかけている。

 Webサイトには、ダウンロードサービスについて説明した各メーカーのサイト一覧も掲載した。
posted by カミガタ at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD・次世代レコーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。