2016年05月05日

シャープのコードレスサイクロン掃除機「FREED」新製品、EC-SX520。賢いノズルや電動アシスト機能、プラズマクラスターでお掃除ラクラク!

高級掃除機のトレンドは昔ながらの横型タイプからコードレススティックタイプへと売れ行きがシフトしているそうです。

シャープもコードレスサイクロン掃除機「FREED」を販売していますが、5月下旬発売予定の新製品、「EC-SX520」は多機能です!

シャープのコードレスサイクロン掃除機「FREED」


ASCII.jpの記事より

EC-SX520は予想実売価格で85000円しますが、本当に便利で、
・ひとつの吸引口で床と壁際どちらのゴミも吸いやすい「高圧吸引ノズル」(軟質バンパーをヘッドに付け、壁際を吸引時に、バンパーを壁にあわせて変形、密閉度向上→吸引部が高圧化)
・業界で初めて専用モータによる電動アシスト機能「e-ドライブ」を搭載
※吸着度=密着度アップによる操作性の重さを軽減
がお掃除を楽にしてくれそうです。
これだけでも、楽して時間と労力短縮をお金で元を取ると考えれば、検討に値するのではないでしょうか

そして、この「EC-SX520」の目玉機能がシャープお家芸の「プラズマクラスター」。静電気や微粒子を吸い込んで除去してくれる装置です。

プラズマクラスター関連製品


この「FREED」掃除機ではカップ内のゴミの吸着を抑える効果を謳っており、実際にASCII.jpの記事内でも発泡スチロールを吸い込んで試すと、プラズマクラスターありのカップはほとんどカップ自体に吸着していません。

これはメンテナンス楽で、労力が減るコードレスサイクロン掃除機ですね。

その他にも、このシャープのコードレスサイクロン掃除機「FREED」の「EC-SX520」には、
・自立時、自動で吸い込みストップ→本体を倒して手に持てば自動でオンに
・「赤外線ゴミセンサー」搭載。床の汚れやゴミの量によってパワーをコントロール
・バッテリーが2つ同梱。バッテリー切れ時にもすぐ交換可能
という利便性があります。

シャープのコードレスサイクロン掃除機「FREED」でお掃除ラクラク、スピードアップ!
posted by カミガタ at 22:22 | TrackBack(1) | 白物家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

スマートフォンやタブレット端末の映像をテレビに出力できるHDMI形無線ルーター

機能は下を見てもらうとして、これ1本あれば無線ルーターにも、スマホやタブレットの映像を大画面TVやHDMI端子付プロジェクターに出力できるので、まさに「1本2役」のHDMI無線ルータースティックですね

Wi-Fiアクセスポイント機能搭載のHDMIアダプタがASRockから登場
スマホの映像をテレビに出力できる「H2R
無線LANのアクセスポイント機能を搭載したHDMIアダプタ「H2R」がASRockから発売された。店頭価格は税込8,620円前後。

 H2Rは、HDMIコネクタとLAN端子を備えたスティック型のデバイス。有線LAN回線に接続することで、IEEE 802.11b/g/n無線LANアクセスポイントとして機能するほか、スマートフォンやタブレット端末の映像をテレビに出力するためのHDMIディスプレイアダプタとしても利用できる。元々は同社のゲーム向け無線LANルーター「G10」に搭載されているものだが、今回単体販売が始まっている。

 ディスプレイ出力機能はMiracast、EZplay、DLNA対応で、最大解像度は1,920×1,080ドット。Android、iOS向けのアプリが用意されている。

 本体サイズは115×35×17.3(mm)、重量は43g。電源はUSB給電式。
posted by カミガタ at 22:03 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

35mm換算焦点距離16.6mm、特性違いの2つのステレオマイクで3万円台のビデオカメラ!

ライブ用の触れ込みで2つの可動式マイクが付いているのが特徴のビデオカメラですが、35mm換算の焦点距離16.6mmはとても広角で単焦点とはいえ、魅力高いですよね。お値段も30000円あまりとお手頃なので、デジカメやビデオカメラのサブとしても面白そうです

ズーム、XY/AB方式の可動マイク搭載2.3Kビデオカメラ「Q4n」。約32,400円
ズームは、可動式のステレオマイクを搭載し、フルHDを超える解像度2,304×1,296ドットの動画撮影も可能なビデオレコーダ「Q4n」を11月下旬に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は32,400円前後(税込)。

 音楽ライブ演奏などの撮影を想定したビデオカメラ。1/3型の300万画素CMOSセンサーを内蔵し、録画モードは2,304×1,296ドット/30fpsの「3M HD」(2.3K相当)や、1080/30fps、720/60fpsなどを用意。フォーマットはMPEG-4 AVC/H.264(MOV)。レンズはF2.0の固定焦点で、35mm換算の焦点距離は16.6mm、画角は160度。最大1.5倍のデジタルズームも可能。

 音声は最高96kHz/24bitのWAVまたはAAC(48kHz、64〜320kbps)で記録。搭載するステレオマイクは方向を切り替えることでXY方式とAB方式を使い分けることが可能。AB方式は広がりのあるステレオ感が特徴で、ホールの残響など周囲の環境音も含めた録音に適している。XY方式は、自然な奥行きと広がり感を持った立体的なサウンドで、特定の音源を狙った近〜中距離の録音向け。ソロ演奏や室内楽、ライブリハーサル、フィールドレコーディングなどに利用できる。マイクの角度はXY/ABともに120度。

 撮影時には、明るさや色調の設定を11つのシーンセレクト設定(Auto/Concert Lighting/Night/Concert-Low Light/Dance Club/Jazz Club/Concert Hall/Rehearsal-Studio/Garage/Outdoor/Sunset) から選択可能。音声のオートゲイン/ローカットフィルタも備える。本体での録画だけでなく、PC/Mac/iPad用とUSB接続してWebカメラとしても利用でき、Ustreamなどのライブ配信にも使える。Webカメラとしての動作時は映像がWVGA/720p、音声が48kHz/16bitとなる。iPadのUSBマイクとしても利用可能(44.1kHz/16bit)。屋外録音用のスポンジ製ウインドスクリーンも同梱する。

 液晶モニタは2型/タッチパネル式で、180度反転できるため、自分撮りにも利用可能。記録メディアはSD/SDHC/SDXCカード(Class 10以上、最大128GB)。HDMI出力とヘッドフォン出力、マイク/ライン入力、モノラルスピーカーも装備。リチウムイオン充電池を内蔵し、連続撮影時間は約3時間。外形寸法は、マイク収納時が51×119×62mm(幅×奥行き×高さ)、マイクを起こした状態は39×119×86mm(同)。市販のカメラ用三脚や、アクションカム用マウントに取り付け可能なほか、マウントアダプタも付属する。
posted by カミガタ at 21:28 | TrackBack(0) | ビデオカメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キヤノン「430EX III-RT」のフラッシュ撮影テクニック記事が面白い!

このサイトでは、電波式ワイヤレス対応の小型軽量スピードライト、キヤノン「430EX III-RT」の機能と、ストロボ撮影の使いかた、応用が書かれています。

通常の正面からのストロボ撮影のように、平面にならず影の質感を残しながら撮影できる「斜めからのワイヤレスシンクロ撮影」を紹介しています。花なんか本当に表現力出てます。
また、裏技として、本体付属のカラーフィルターを使った印象深い表現実例もあり、写真表現をより奥深いものにしてくれるのは間違いないでしょう


posted by カミガタ at 21:15 | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

デジカメと古地図アプリを持ってサイクリング。東京の歴史や由縁を知る記事で感じたこと

サイクリングして、古地図アプリを持ちながら、東京の歴史スポット巡る記事を見ました。

古地図アプリ「東京時層地図」を使用。
デジカメは、撮影時、自動スマホ転送機能付のカシオのZR-3000

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/special/20151015_725413.html
※個人的に欲しいデジカメです(てへ

<この記事で気になった点>
古地図と場所の由縁の結びつきが、地図を見ただけではわかりにくく、少しマニア向けに見えました。

その場所のいわれを知ってる人(例:この記事の筆者。江戸の歴史本出されてるし、文章でもうまく誘導できている)なら分かるのでしょうが、説明がないと目線から、地図が通りすぎてしまうだろうな、と。

※唯一、読者が地図だけで「あれ?」と気づきがありそうなのが、淀橋浄水場が戦時改描を受けている場面で、地図が歴史を飛び越えて訴えかけてくる情報の力ですね。
posted by カミガタ at 23:20 | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

40インチで11kg! シャープの液晶テレビAQUOS H11シリーズ

4年前、ソニーのブラビアV5の40インチを買った時、20kgの重さで、配達の方が持って来られた後、据え付けに苦労しました。額縁も大きくそのスペースが有ればもっと大画面化できるのにな、と。年間消費電力は105kWh/年。これでもこの時期のTVでは最低クラスです。ちなみに倍速駆動です。

それが今回のシャープのH11シリーズは、重さが何と半分強の11kg、年間消費電力も77kWh/年と4分の3です。4年での進歩が伺えます。
しかも狭額縁! HDMI端子こそブラビアV5の3端子から2端子に減ってますが、それ以外はとても魅力的です。
アナログTVに外付けチューナーを付けて使っている人への買い替えとしてオススメしたいですね


シャープ、狭額/軽量化した直下型LEDの40/32型「AQUOS H11」
シャープは、狭額化/軽量化した液晶テレビ「AQUOS H11シリーズ」2機種を3月1日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は40型の「LC-40H11」が9万円前後、32型の「LC-32H11」が6万円前後。

 2013年10月発売の「LC-32H10」と比較して、フレームをスリム化するとともに、部品の削減などにより約28%の軽量化を実現。前面のフレームやスタンドカバー部には光沢を抑える加工を施し、質感を高めている。

 パネル解像度は、40型が1,920×1,080ドット、32型が1,366×768ドット。光源は直下型LEDバックライトを採用している。テレビコントラストは200万:1、視野角は上下/左右176度。

 チューナは地上/BS/110度CSデジタル×1。別売のUSB HDDへの録画機能を備えており、バッファローの長時間録画対応HDD利用時には、約3〜4倍の長時間録画が可能。2画面表示機能を備え、BDレコーダなどの外部入力映像と、テレビ放送を同時に表示できる。

 5W×2chのステレオスピーカーを搭載し、3cm×10cmのフルレンジユニットを採用する。入力端子はHDMI×2と、D5×1、アナログRGB(D-sub 15ピン)、コンポジット、USB、Ethenet端子を装備。HDMIの1系統はMHL兼用となっており、MHL対応のスマートフォンで撮影した写真や動画をAQUOSに出力できるほか、テレビに映像出力しながらのスマホ充電に対応する。ヘッドフォン出力も装備する。

 消費電力は40型が約92W(年間消費電力量77kWh/年)、32型が約64W(同41kWh)。いずれも待機時は0.1W。外形寸法は40型が92.6×20×60.3cm(幅×奥行×高さ)で、重量は約11.5kg。32型が73.3×17×48.8cm(同)、重量は約6.3kg。
posted by カミガタ at 21:27 | TrackBack(1) | 薄型・大画面TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月07日

NICT、さっぽろ雪まつりで8K非圧縮の伝送に成功

これで次世代テレビやCATV、インターネットを使った映像配信で、既存規格も安心して共存しながら美しい映像を楽しむことができそうですね


NICT、8K非圧縮のさっぽろ雪まつり映像の非圧縮伝送に成功

独立行政法人 情報通信研究機構(NICT)は5日、開催中の「さっぽろゆきまつり」の8K/4K映像の非圧縮IP伝送に成功したと発表した。

 NICTは、新世代ネットワークの実現に向けた研究用テストベッドネットワーク「JGN-X」を構築/運用しており、4月には100Gbpsの広帯域化を予定している。

 今回は、NTTコミュニケーションズから東京〜大阪間に実験用100Gbps回線の提供を受け、同区間で8K映像と4K映像の非圧縮データ(36Gbps)を同時並列で伝送できる仕組みを構築。また、さっぽろ雪まつり会場からの高解像度映像などを国内複数拠点にHD、4K、8KなどでIPネットワーク上で伝送する実験を神奈川工科大学などと共同で実施する。

 また、4K圧縮映像や高品質な商用放送映像伝送をJGN-X上のSDNテストベッド「RISE」のOpenFlowネットワークで並列伝送する実証実験も行なう。これにより、既存サービスと新世代サービスの混在を可能とし、技術移行期に対応できるかを検証するとしている。
(AV Watchより)
posted by カミガタ at 21:58 | TrackBack(1) | 次世代映像、音声規格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タムロン、一眼カメラ用交換レンズ世界初の18.8倍ズーム倍率開発発表

一眼レフ用の超望遠ズームの場合、広角側が27〜28mmスタートでどうかな、と思う事が多いのですが、今回ニコン一眼レフだと広角端が換算24mmスタートで撮れるようになり、後ろに下がれない時などにとても便利です。重量も高倍率ズームとしてはそんなに重くなく中級機以上なら重量バランスも問題なさそう。価格が気になる所ですね。

インプレス社のデジカメWatchから記事の抜粋です。


タムロン、世界初の18.8倍ズーム交換レンズ「16-300mm VC」を開発発表

●16-300mm F3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO(Model B016)
 デジタル一眼レフカメラ用の交換レンズとして世界初という約18.8倍ズームレンズAPS-Cサイズ相当のイメージサークルに対応する。画角は35mm判換算24.8-465mm相当としている。キヤノン用、ソニー用、ニコン用をラインナップする。

 同社現行製品で最大倍率のレンズは「18-270mm F3.5-6.3 Di II VC PZD」(15倍ズーム)だが、今回の開発発表製品では特に広角側の拡大が特徴約18.8倍のズーム倍率は、ニコンが2012年6月に一眼レフカメラ用の交換レンズで世界最高ズーム倍率として発売した「AF-S DX NIKKOR 18-300mm F3.5-5.6 G ED VR」(約16.7倍)を超える

 レンズ内手ブレ補正機構「VC」を搭載(ソニー用を除く)。AF駆動は超音波モーター「PZD」(Piezo Drive)。現行の18-270mm F3.5-6.3 Di II VC PZDになかったフルタイムMFにも対応する。鏡筒は内部に水滴が侵入しにくいという簡易防滴構造を採用した。

 レンズ構成は12群16枚。最短撮影距離はズーム全域で0.39m。レンズ鏡筒に距離指標窓を持つ。7枚羽根の円形絞り。

 フィルター径は67mm。最大径×長さは75×99.5mm。重量は540g(数値はニコン用のもの)。花形フードが付属する。
posted by カミガタ at 21:39 | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東芝が全録レコーダー「レグザサーバー」をお安く。「字幕シーンジャンプ機能」新搭載!

今までTV番組の「全録」というと、値段など敷居が高いものと思ってました。
「全録」の元祖、東芝がそれをお求めやすく発売! 5万円ちょい!

紹介記事を抜粋します。


東芝、6ch全録で実売55,000円のレグザサーバー「D-M430」
東芝は、6チャンネルの同時録画を行なえるHDDレコーダ「レグザサーバー」の新モデルとして、「タイムシフトマシン」機能に特化した1TB HDD内蔵の入門モデル「D-M430」を2月14日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は55,000円前後。

 1TB HDDを内蔵したレコーダ/サーバー。地上デジタル放送の6つのチャンネルを最大3.5日間分録画し続けることが可能。'13年10月に発売した「D-M470」などとは異なり、番組を指定して個別に録画する通常録画機能を省き、全録のタイムシフトマシン機能専用機としたことが大きな特徴。なお、M470と同様にBDドライブは搭載しない。番組おすすめ機能「ざんまいプレイ」や、本編のみを連続再生する「おまかせプレイ」などの再生機能を備えるほか、「字幕シーンジャンプ機能」も利用可能

 内蔵の1TB HDDのうちタイムシフトマシン領域用は875GBで、残したい番組を保存領域用の125GBに記録することが可能。録画形式はMPEG-4 AVC/H.264で、DRモード録画には非対応。AVC高画質(内蔵HDD/6ch録画で約1.5日)、AVC中画質(同約2日)、AVC低画質(同約3.5日)のモードが選択できる。

 ゴールデンタイム(19時〜22時)だけに絞ってタイムシフト録画することも可能で、内蔵HDDへの6ch録画でAVC高画質の場合は約13日、AVC中画質は約17.5日、AVC低画質は約30日分を録画できる。タイムシフト録画番組は期間が過ぎると自動で削除されるが、削除の前に、残しておきたい番組を保存用領域に残せる。保存用へのダビングは1回の操作で10番組までまとめて指定できる。

 別売のUSB HDDを接続して、容量の拡張も可能となっている。USB HDDへの録画もタイムシフトのみで、2TB増設してタイムシフトマシン録画3チャンネル分をUSB HDDに割り振ることで、録画日数を内蔵HDDのみの最大3.5日間分から、最大約7.5日分にまで伸ばせる。

 録画番組のおすすめ機能「ざんまいプレイ」は、タイムシフト録画されている番組から、現在視聴中の番組やユーザーの好みに関連性の高い番組を画面上でおすすめするもの。また、「おまかせプレイ」に対応。再生中に「おまかせ」ボタンを押すことで、プレイリストを作成することなく、本編のみを再生(CMスキップ)が可能となる。

 「字幕シーンジャンプ」は、タレント名や時事用語などのキーワードを選択すると、番組内の字幕情報をもとに、そのキーワードが登場するシーンがリストアップされて頭出しできる機能。出演者が話した言葉など、キーワードが話題になっているシーンだけをピックアップして効率よく再生できる。

 BDドライブを省いているが、同社レコーダへのネットワーク転送/ダビング機能「ネットdeダビングHD」は利用可能。BDドライブ搭載のレグザリンク・ダビング対応機種やライターにダビングできる。

 チャプタ編集やプレイリスト編集、番組分割/結合などの編集機能を搭載。DTCP-IPサーバーにも対応、「レグザリンク・シェア」により、レグザタブレットのアプリ「RZプレーヤー」や、パケットビデオのアプリ「Twonky Beam」などから録画番組の再生が行なえる。レグザAppsコネクトのアプリを使ったクラウド連携の再生機能も利用可能。
(AV Watchより)


凄いでしょ。USB HDDで録画時間増やせるし、新搭載「字幕シーンジャンプ」で話題のネタの番組にアクセスできる。
BDドライブを省略してまでも、全録とその活用法に重点おいているのが潔い。

さすが尖ったレコーダー作る東芝の真骨頂ですわ。

全録
posted by カミガタ at 09:02 | TrackBack(0) | DVD・次世代レコーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

あのデジタルカメラ「GR」シリーズがAPS-Cセンサーに。画質アップで楽しく撮れる

APS-Cのセンサーサイズで重さを245gに押さえている所が、いいですね。そしてローパスレス。解像感も高まりそうです。持っても楽しい注目の新製品ですね

ペンタックスリコーの「GR」シリーズ



新型「GR」はその名も「GR」 APS-Cセンサー搭載
ペンタックスリコーは4月17日、リコーブランドの高級コンパクトデジタルカメラ「GR」を5月下旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売価格は10万円を切る程度となる見込みだ。

 新製品は「GR DIGITAL IV」(2011年9月発表)の後継となる製品で、スナップシューターとしての基本コンセプトは踏襲しながら撮像素子をGR DIGITAL IVの1/1.7型 有効1000万画素CCDから、ローパスレス仕様のAPS-Cサイズ(23.7×15.7ミリ)有効1620万画素CMOSに大型化。そしてレンズには35ミリ換算28ミリ相当(F2.8-16)の「GR LENS 18.3mm/F2.8」を組み合わせた。

 レンズは非球面レンズ2枚を含む5群7枚構成で、非球面レンズや高屈折分散ガラスの採用によって開放から安心して使える描写を実現。絞り羽根は9枚絞り羽根による虹彩絞り。マニュアル制御可能なNDフィルターも搭載しており、シャッタースピードは300〜1/4000秒となっている。レンズ駆動方式の改善とAFアルゴリズムに最適化などにより、最速0.2秒のAF速度を実現したほか、最高4コマ/秒の連写も可能だ。

 画像処理エンジンは新開発された「GR ENGINE V」で最高ISO感度はISO25600までを設定できる。マルチパターンAWBはGR DIGITAL IVに比べエリア分割が細かくなった(約4倍)ことで精度向上を果たし、ダイナミックレンジ補正についても画素単位での補正が可能となったことから階調表現がより豊かになった。

 基本的な外観はGR DIGITAL IVを踏襲するが、背面にはAF機能の切り替えレバーとボタンが設けられたほか、撮影モードダイヤルにはペンタックス製一眼レフに搭載されている露出モード「TAv」(「シャッター&絞り優先AEモード」 シャッタースピードと絞り値を任意の値に固定すると、カメラがISO感度で露出調整を行う)が新たに用意されている。本体側面には撮影前に被写界深度を確認できる「絞りプレビューボタン」も搭載されている。

 オート撮影時には被写体が近いと自動的にマクロモードになるオートマクロや顔検出AF&AEも機能する。デジタルフィルターにはレトロ調、ハイキー、ミニチュアライズなど9種類を用意。これらのエフェクトは本体側面の「エフェクトボタン」を押すことから選択できる。カメラ内でのRAW現像ももちろん可能だ。

 そのほかフルHD動画の撮影が可能なほか(無指向性ステレオマイク搭載)、無線LAN搭載メモリカード「Eye-Fi」にも対応する。35ミリ換算35ミリ相当とするクロップモード、2軸電子水準器などを備える。本体サイズは約117(幅)×61(高さ)×34.7(奥行き)ミリ、約245グラム(バッテリー「DB-65」およびSDメモリーカード含む)。「GR DIGITAL」シリーズで継続的に実施されてきたファームウェアによる機能拡張は新製品でも継続して実施される。
(IT Mediaより)
posted by カミガタ at 00:59 | TrackBack(2) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。